お金 大学 生活

大学生の初バイトが怖い...。そんな悩み解決します!

2020年3月9日

みなさん、こんにちは! 🙂

初バイトって緊張しますよね?
いざ面接前になったら不安になる、行きたくないと思う方が多いんじゃないでしょうか?
不安になる原因としては、

「自分がほんとうにバイトをやっていけるのか...。」
「めちゃくちゃ怖い人がいたらどうしよう...。」

など、いっぱいありますよね。
でも、安心してください!
そんな人のために、バイト先とはどのようなものなのか、どんな人がいるのかなどを紹介していきたいと思います。

僕も最初はすごく緊張していたけど、慣れたら「こんなもんか~」って感じでしたね。

おもち
気楽に見てね~ 🙂


大学生の初バイトは怖くない!【バイトを始める手順】

大学生の初バイトは怖くない!【バイトを始める手順】


ここでは、初バイトは怖い!という考えがなくなるようなアドバイスを紹介していきます。

自分のやりたい職種を決める

まずは、自分がやりたいことを見つけましょう。
バイトは、ある程度楽しくなければ続けていくことはできません。
なので、自分が得意な分野や、自分がやってみたいな~と思っていたことをバイトとしてやっていくと良いです。
例えば、

  • 高校では勉強を頑張っていたので、塾講師をやってみたい。
  • 人と話すのが好きなので、飲食店で働いてみたい。
  • カフェ巡りが好きなので、カフェで働きたい。

などいろいろとあると思います。
これを決めることによって、どこで働くかが少し明確になると思います。

住んでいる場所周辺をで見つける

バイト先が遠かったら嫌ですよね。
なので、次は、家の近くに自分のやりたいバイトができる場所がないかチェックしてみましょう。
徒歩1分とか、家の近くすぎたりすると、急に呼び出されたりすることもあるので、自転車で5分くらいの場所がおすすめです。
でも、どこが求人募集しているとか、どこかブラックか分からないですよね。
そういう時は、先輩に聞くといいです。
先輩なら、学校の近くの店などはある程度把握しているはずです。

コネがないか確かめる

これは、働く場所が決まった後、そこで働いている先輩や友達がいないか確かめることです。
なぜかというと、友達や先輩が働いていると紹介してもらえるからです。
正直、紹介でバイトを落とされることはほとんどないです。
面接をした際に、普通に会話できて、常識がある人なら大丈夫です。
さらに、
「〇〇(自分が働きたい場所)でだれか働いているひといない?」
と聞くと、そこの評判も聞くことができるので、バイトを始める場合は周りの人の意見を参考にすることも大切だと思います。

電話をする(紹介の場合は紹介者が話を通してくれることも)

直接お店などに行って、働かせてください!というようなマンガのような頼み方はしないです。
普通は電話をかけて、働きたいという旨を伝えます。

電話をかけるのが怖いということもあるかもしれませんが、大丈夫です。
みんな最初は緊張するものです。

電話がつながると、
「もしもし、私は〇〇(自分の名前)と言います。バイトの件で少しお話したいのですが...。」
と言い出せば大丈夫です。
そこからは相手がリードしてくれて、面接の日程を決めることになります。
いつが大丈夫で、いつが都合が悪いのかわかるように手帳やスケジュール表を横に置いておくといいでしょう
電話が終わるとき、相手の方が「何か質問とかある?」と聞いてくると思うので、面接の際に持っていくものを聞いていない場合は聞いておいたほうがいいです。
そして、電話を切るとき、「ありがとうございました。失礼します。」と言い、相手が切るのを待つ。それだけで完璧です!
多少かんでしまったり、緊張しているのは相手の方もわかっていると思うので大丈夫です。

面接に行く

次は面接に行きます。
指定された場所の近くには15分前くらいに到着していたほうがいいです。
そして、5分前くらいに店に入るといいでしょう。
早く行きすぎても相手の方が作業をしていたりすることもあるので気を付けてください。

そして、面接。
こちらが緊張しているのが相手の方もわかっています。
最初は、緊張をほぐそうとしてくれると思います。
例えば、趣味とかあるの?とか、大学生活は慣れた?などです。
これの答え方によって採用不採用が決まることはありません。もし、この回答で不採用と言われたのなら、元からそんなところで働かない方がマシです。笑
そして、週に何回入れるのか、毎月だいたいどれくらいの給料が欲しいのかを聞かれます。
ここで大事なのが、最初はハードルを下げておくことです。
確かにお金がいっぱいほしいのはわかります。
でも、ここで週4でとか言ってしまうと、都合よく働かされてしまうことなどがあるからです。
最初は週1から2でやった方がいいです。もっと働けないの?と聞かれるかもしれませんが、
「働きたいとは思っているんですけど、学校の授業のスピードがわからないので、慣れるまでは少なめでお願いします。慣れてきたらその時に考えたいと思います。」
と答えるのがベストです。やる気を見せながらも、今は検討中ということを伝えられるからです。
大学付近の店は、大学生を働かせるプロです。
まんまとハマってバイトで生活が壊されないように気を付けてください。

採用の通知

採用か不採用化の通知が届きます。
何によってか通知されるかはバイト先によって変わります。
例えば飲食店などは、面接の時に決まることが多いです。
僕は、塾講師をやっていますが、塾講では3日後に電話がかかってきました。
不採用の場合も電話はかかってきます。
知らない人から電話がかかってこない設定にしている人は解除しておきましょう。
もし、不採用になってしまったとしても気にしなくて大丈夫です。
こうやってネットで調べて、失敗しないように頑張ろうとしたあなたを落とすところなんてロクな場所じゃないです。
切り替えて次を当たってみましょう。

大学生の初バイトが怖くなくなる!【気持ちを落ち着かせる】

大学生の初バイトが怖くなくなる!【気持ちを落ち着かせる】

大学生の初バイトはみんな怖いものです。
ここでは、気持ちを落ち着かせるようなことが書いてあります。
ここに書いてあることは全て事実です。みなさんが思っているほど怖いものではないです。
では見ていきましょう。

先輩が優しい

これは、けっこう安心するんではないでしょうか?
先輩はほんとに優しいです。
先輩だって、1、2年前は初バイトを経験しています。みんなが通る道だからです。
それを考慮して、めちゃくちゃしゃべりかけてくれます。
気持ち悪いくらいに話しかけてくれます。笑
でも、そうやっていくうちにどんどん仲良くなっていきます。
大学生でバイトしている人はコミュニケーション能力が非常に高いです。
もちろん寡黙な人もたまにはいますが、そういう人こそ仲良くなったらいい人だったりします。

仕事中なのにしゃべってばかりでいいの!?
と思う人もいると思いますが、まずはバイト先では人間関係が大切です。
あなたはギスギスした中で働きたくないですよね。それはみんなが思っていることです。
なので、働き始めは雑談をメインでやっていくことが多い気がします。
もちろん、飲食店で忙しいときなどは無理ですが...。そこでは足を引っ張らないように言われたことだけはしっかりやるようにしましょう。

邪魔になっているんじゃないかと思うことがあるかもしれませんが、それを見越してシフトが作ってあります。シフトというのは、だれがいつ出勤するのかを決めることです。
あなたがいなくても店が回るようにシフト設定されています。当たり前です。何も知らないのに1人として数えることはできないからです。
少なくとも最初の1か月~2か月ぐらいはあなたがいなくても回るようなシフトが設定されます。
ちょっとずつ慣れていくようにしましょう。

おもち
頑張っていこう~~

 

失敗は誰も気にしない

例えば、あなたがご飯を食べにファミレスなどに行ったとき、皿を割っちゃう人とか見たことないですか?
皿を割ったら弁償しなきゃいけないのかなあ...。と考えたり、
あの人はめちゃくちゃへこんでいるんだろなあ...。と思っていませんか?

全然そんなことないです!
皿を割っても弁償とかはないですし、割った瞬間は「やっちゃったなあ...。」と思うかもしれませんが、みんな1時間後には忘れています
なんなら、考え事でもしてたの?最近悩みとかないの?大丈夫?と気遣ってくれる人もいます。

失敗なんて誰でもありますし、3年間働いても失敗することもあります。
そんなの咎める人はだれもいないです。
そんな人がいても、大学生や大人の社会ではその人が仲間外れになります。
大人の社会では、マウントを取ったり、ひとの悪口を言う人はめちゃくちゃ嫌われます。
高校生までは、やんちゃな子がクラスを仕切ったりししていたと思いますが、大人の世界では人のことを考え、気遣いができる人が信頼を得られます
そんなひとになれるように頑張りましょう。



少しは怖い気持ちや不安がなくなりましたか?
バイトは楽しくできるものです。あまり気張らずにリラックスすることが大切です。
最後まで読んでくだっさってありがとうございます! 🙂  🙂  🙂 


-お金, 大学, 生活
-,

Copyright© おもちのぶろぐ , 2021 All Rights Reserved.