なぜ大学生は金欠なのか?解決策10選

大学

大学生が金欠になるのはなぜ?理由と解決策を10個のポイントで解説

2020年3月7日

みなさんこんにちは。

大学生って金欠になりがちですよね。

バイトで稼いだお金はいつの間にかなくなり、貯金もできない...。
友達からの遊びの誘いを"お金がない"という理由で断るのも嫌だ...。

そんなあなたに!!
大学生活を4年間過ごしてきた僕が、金欠になる理由と解決策について紹介していきたいと思います。

こんな人におススメ

  • 金欠をどうにかして抜け出したい。
  • なんで自分が金欠なのか分からない。
  • お金を貯めなきゃいけない。



おもち
もう"金欠"なんて言いたくないぞ~~


大学生が金欠になる理由と解決策

大学生が金欠になる理由

大学生が金欠になる理由としては以下のものが考えられます。

チェック

  • 固定費が高い。
  • 飲み会に何度も参加している。
  • 服やカバンなどをたくさん買っている。
  • コンビニを頻繁に使っている。
  • 飲み物を買うときは毎回自動販売機を使う。
  • タバコを吸っている。
  • 旅行に頻繁に行く。
  • 恋人とデートによく行く。
  • 趣味にお金を使いすぎている。
  • 定額サービスを多数契約している。


おもち
ひとつひとつ確認していきましょう!


固定費が高い

まず、固定費って何?って方もいると思います。
固定費というのは、家賃や水道光熱費、通信費などが挙げられます。

固定費って、固定って書いてあるだけあって、削る場所とかないんじゃないの?

って思う方も多いと思いますが、実は上手に節約していくだけで2~3万円程度の差が生まれることもあります。

最初に、家賃を安くする方法です。
どうやって、家賃を下げるのか。
それは、大学から少し遠くに住むことです。
同じような間取りでも、大学付近と、大学から自転車で5分の場所だと家賃に大きな差が生まれます。
たった5分で、毎月数千円~1万円程度安くなると思えば大きいですよね。
1万円安いところに住むだけで、1年間で12万円...。12万円あれば結構なんでもできちゃいますよ! 🙂



次に、ケータイ代などの通信費です。
みなさんは、月々ケータイ代としていくら払っていますか?
3000円以上払っている人に朗報です!
今の時代、格安スマホが注目を浴びています。
格安スマホって通信が遅いとか、低スペックだと思っている方はいませんか?
これは間違っています。なぜなら、格安スマホの回線というのは、ドコモやauのような会社の回線を使っているからです。
さらに、2年契約などの契約の縛りがないため、契約解除料金なしでいつでも辞めることができます。

どうですか?少し魅力を感じませんか?
僕は、ドコモで、家族とシェアプランを組んでいるので、月々1480円しか払ってないです。
ドコモみたいな有名な会社でも安くなるようなプランはたくさんあります。

おもち
気になったら、自分の契約しているプランを確認してみよう~~


 

飲み会に何度も参加している

大学生になると、さまざまなグループに属することになると思います。
例えば、学部、サークル、バイト先、研究室など...。

そしてイベントごとに飲み会が行われることでしょう。
これらすべてに参加していませんか??

それではいくらお金があっても足りません。
一次会だけでなく、二次会、次にラーメンを食べに行きますよね!(ラーメン食べに行くのは一部の人だけかもしれないですが笑)

4つのグループに所属していたとすると、

1回の飲み会で5000円(一次会3000円、二次会2000円)×4 = 20000円かかることになります。

2万円ですよ!
こう考えたら、飲み会って高くないですか?

でも、付き合いだから仕方ない!

というのもすごくわかります。
そんな時は、宅飲みをしようと誘ってみるのもいいと思います。(研究室など教授がいたりする場合は無理ですが...笑)

あとは、一次会で用事があると言って帰るのもアリだと思います。

服やカバンなどをたくさん買っている

大学生になると、バイトを始め、自由に使えるお金が増えます。
その時、やりたくなるのが散財ですよね。ストレスが溜まっていたりしたら余計にやりたくなりますよね!!
大学生は恋愛にも積極的になり、ファッションに気を使い、服やアクセサリーを買うようになることでしょう。

まちがっても、

おもち
きみ、毎回同じ服着てるね~~



なんて言われたくないですよね。
僕がそんなこと言われたら一日中家で寝込んじゃいますね...笑

じゃあ、服代を減らすことはできないのでは??
と思う人もいると思います。

これは、"服を買うな"ということではなく、賢く買おうということです。
たとえば、ユニクロやGUなどで買うとき、店舗で買うより、ネットで買った方が安いことってありますよね。
それです!!
今では少し衰えましたが、ZOZO TOWNなどで買うのもいいと思います。
最近は、ネット通販が普及し、運送会社との兼ね合いで送料が無料にならないのではないかと心配ですが、今のところは大丈夫なのではないかと思っています。

また、女の子は住んでいる近くで服を買うと、だれかと被ることがありそうで怖いですよね。(まあ男子もですが笑)
それを防ぐためにも、家の近くにないショップでを買うことは大事なのではないかと思います!
しかもそれが節約につながったら一石二鳥で嬉しいですね。

コンビニを頻繁に使っている

コンビニって24時間開いていますし、欲しいものはだいたい手に入るし、いろいろと便利なことが多いと思います。
しかし、節約したいのなら、コンビニは使わない方がいいです。
まず1つ目に、コンビニは全ての商品が割高だからです。
スーパーで買うのと、コンビニで買うのでは、ほとんどの商品がスーパーで買う方が安いです。
例えば、チョコレートを1個買うにしても、コンビニだと124円だけど、スーパーなら98円で買えるってこと多くないですか?
たった30円弱ですが、これを積み重ねることによってお金はたまっていくと思います。

2つ目にコンビニは割り引きをしないからです。
夜ごはんとして弁当を食べようとしたときに、コンビニに行っても値段って変わってませんよね。
これは、値下げをしてしまうとコンビニの本部から契約を解除されてしまうからです。
過去には裁判になり、1000万円以上の支払い義務が命じられたという事例もあります。
しかし、廃棄負担をするリスクはオーナーが100%で、本部は0%です。

おもち
コンビニの店長は大変な想いをしているんですね...。


ちょっと話が逸れてしまいましたね。
コンビニでは値下げされないのに対して、スーパーでは

3割引き!!半額!!!!!

と貼ってあるシールをよく見ますよね。
あれを見たら、いらないものでも買いたくなる気持ちを抑えられませんよね笑
ここで余計なものを買ってしまっては本末転倒なので気を付けて下さいね笑

僕の家の近くにあるスーパーでは、夜の7時過ぎになると400円の弁当が半額になるんです!
200円ですよ!しかも、から揚げが8個くらい入っているんです!!
200円で夜ごはんが食べれたら、定食の800円などと比べて1日で600円も安くなります。
これを30日続けられたとしたら、600×30=18000!なんと1万8000円も安くなるんです。
これは大きいですよね。
ただ、たまにはいいものを食べて息抜きすることも大切ですよ 🙂

飲み物を買うときは毎回自動販売機を使う

これはさっきのコンビニの話と同じですね。
自動販売機では飲み物が割高です。
スーパーなどではカルピスが78円で買えるのに対して、コンビニでは128円かかります。(僕がカルピス好きなので例に挙げさせてもらいました笑)
でも、これ以上に節約できる方法もあります。

それは、水筒を持ち歩くことです。

家でお茶を沸かし、学校に持っていけば、飲み物代を0円にすることができます。
ちょっと我慢することで、お金がたまっていくのって嬉しいものですよね。

タバコを吸っている

大学生になると、20歳を超えている人もいます。
20歳になると解禁されるものって多いですよね。
その中でも、タバコはすごく無駄なものです。
金銭面において困っていない方はいいですけど、お金がないと言っているのに毎日タバコを吸っている人はやめた方がいいと思います。(健康面のためにも)
例えば、1か月タバコを我慢できたとして、1箱500円、週に3箱吸うとすると、
500 × 3 × 4 = 6000円。
一か月我慢すれば6000円ってなかなか魅力的なんじゃないでしょうか?

でも、6000円とタバコを取るならどっち?
とタバコを吸っている人に聞くと、大体の人がタバコって答えるんですよね。

おもち
ニコチンって怖いですよね... 🙁


タバコを吸っている人で、どうしてもお金がなくて困っているという人は考えてみてもいんじゃないでしょうか?

旅行に頻繁に行く

大学生になると、夏休みが2か月あったり、春休みが2か月あったりします。
こんな長期休みの間にしたいことと言えば"旅行"ですよね!
なかにはビザを申請して、海外に行く人も少なくないでしょう。
でも経験を積むといった意味でも、旅行には行っておいた方が良いと思います。(個人的な意見ですが)

では、旅行代をどうやってカットしていくのか?
それは簡単です。

交通手段やホテルなどの料金を抑えればいいのです。

最近話題になっているのが、格安航空やカプセルホテルですよね。
季節によって値段は変動しますが、3月末頃を調べたところ、大阪-沖縄間で3万円程度の差があります。
これはさすがに驚きますよね...。


旅行に頻繁に行く


このように、調べてみると意外なところで安くなったりします。
旅行に行くときには、前準備をしっかりとしておいた方がいいですね!

おもち
沖縄いきたい~~(行ったことないです...。)

恋人とデートによく行く

恋人とデートに行くとお金っていつの間にか無くなってたりしませんか?

「あれ?こんなに使ったっけ?」

と毎回のように思うんじゃないでしょうか。
男子なら、ちょっといいところを見せたいと思い、
「今日は奢ってあげるよ!」
と言った経験は誰しもあるはずです。
さらに、女の子では、可愛く見せたいと思い、デート前に高い化粧品を買ったりしたことはあるんじゃないでしょうか。
僕は、そのような行為はやっておくべきだと思います。
せっかくのデートなんだから、たまには奮発!!ということは大切です。

僕が言いたいのは、
恋人とデートによく行く
ことがダメということです。


ある日、僕はインスタのストーリーを見ていました。
あー、この子たち東京行ってる...。羨ましいなあ...。
あー、次は九州の温泉か...。いいなぁ...。
次はユニバかぁ...。

ラインにて、「ちょっと今月金欠だから、ご飯なんか作ってくれん?」
まあそうなるよね...。笑
もちろんリア充なんて嫌いなので追い返し...ませんでした。僕って神様ですかね。ほんといいひとですよね。 ね?

こうなってしまってからでは遅いです。
じゃあどうすれば良いのかというと、近場でデートしたり、おうちデートをしたりすることですね。
近場で行きつけのラーメン屋を作って、そこに毎週行くと決めるほうがいいと思います。そして、たまに遠くまで旅行しに行くことでいいのではないでしょうか。

おもち
なにかとラーメン持ってきてすみません...。好きなんです笑

趣味にお金を使いすぎている

大学生になると、いろいろな人と出会うので趣味が増えるものです。
ちなみに、僕は大学の友達や先輩に感化さてれデスクトップパソコン、コーヒーを淹れるセット、本など、多くのものを買いました。
特に、デスクトップパソコンを買ったときは残金が1万円を切っていました笑。
その後の生活が苦しかったのを覚えています。

趣味に関しては、買いたいものがあるときの衝動を止められないのはわかります。
しかし、冷静に考えて、それを買っても生活していけるのか、本当に必要なものなのかを見極めることが大切です。

間違っても衝動買いしてしまわないように気をつけてください!

定額サービスを多数契約している

定額サービスというのは、AmazonPrimeや、Netflixなどのサービスのことを指します。

年会費〇〇円といったサービスを多数契約していませんか?
さらに、契約はしているけど、あまり使っていないということはありませんか?
使っていないならすぐに契約を解除するべきです。
もしかしたら見るかもしれない...。と考えているかもしれませんが、その結果として今見ていないんですよね?
つまりはそういうことです。
無駄な契約というのは切っておいた方がいいんです。

大学生が金欠にならないための豆知識

大学生が金欠にならないための豆知識

【必見】 キャッシュレスを利用する

今、キャッシュレスを使うと~%還元という記事を見たことありますよね。

キャッシュレス

こういったマークのものです。
これは、お会計の5%が返ってくるというものです。
日常生活で使っているものが全てキャッシュレスで払えたとすると、5万円つかっている人なら2500円返ってくることになります。
これは使うしかないですよね。

さらに、最近ではPayPayが流行ってきていますよね。
僕は、リリースされた初期から使っていました。
その結果がこれです。
キャッシュレスを利用する

みなさんと同じようにお金を使っているにも関わらず、2万円程度の差が出ています。
興味を持った方はぜひ調べてみてくださいね。


ものを売る

これはメルカリや、ヤフオクなどを使って自分のものを売るということです。
衝動買いで買ったけど使ってないものとかありませんか?
このようなものを売ることでお金を手に入れることができます。

財布に入れるお金を減らす

これは物理的な対策です。
お金が財布に入ってなかったら買い物できないですよね。
でも、キャッシュレスがある...。という方は注意がけるしかないですね。

周りに流されない

みんなが買っているから、自分も買おうという考えを捨てることです。
大体の場合、買った後に後悔します。


 

いかがでしょうか。
上で紹介したことを全て実践するということは難しいと思いますが、
何か一つでも実践していけば、生活が少しずつ変わっていくと思います。

最後まで読んでくださってありがとうございました 🙂 🙂 🙂

-大学
-,

Copyright© おもちのぶろぐ , 2021 All Rights Reserved.