大学生の平均貯金額はいくら?使い道は?

お金 大学

大学生の平均貯金額っていくら?使い道は?【現役大学生がリアルを語る】

2020年4月3日


おもち
こんにちは。現役大学生の おもち です!

 

この記事では、

読者
大学生の平均貯金額っていくらなの?

大学生はどれくらい貯金しておいたらいいの

貯金したときのお金の使い道は

貯金をするために一番効率的なことは何


といった悩みを解決していきます。

自分の周りの大学生は、どれくらい貯金があるのか気になりませんか?

大学生で、「お金がない!」と言っている子って多いですよね。

では、どれくらいの貯金があった上でお金がないと言っているのか気になりますよね。

このように、この記事では、大学で4年間過ごしてきた経験から、貯金に関する様々なことを紹介しています。

そして、読むことによって、

大学のリアルな貯金事情


を知ることができます。

では、早速見ていきましょう~~! 🙂

大学生の平均貯金額っていくら?

大学生の平均貯金額はいくらか

ここでは、大学生の平均貯金額を紹介していきます。

貯金額のアンケートなどで大学生の貯金額は20万円50万円など様々な結果があります。

でも、

読者
あれって実際どうなの?大学生って本当にそんなに貯金しているの?

と思ったことがありますよね。

これを現役大学生の僕

リアルを解説していきます。

僕が感じる大学生のリアルな平均貯金額


最初に結果を言うと、


ズバリ10~20万円程度です!!




これは、僕が感じる大学生の貯金額であって、絶対そうだということもないので、それだけは注意してください。

では、なぜ僕が、大学生の貯金額が10~20万円程度であると感じるのかを説明していきたいと思います。





説明する前に、ます、貯金という言葉の定義が重要になってきます。


おもち
大学生の貯金とはどのようなお金のことですか?


と問われた時、あなたはどのように答えますか?

  • 自分で好きなように使えるお金

  • 銀行に入っている全てのお金

  • 自分の全財産

など、いろいろな回答がありますよね。

ちなみに、僕が思う大学生の貯金は一番上の「自分で好きに使えるお金」のことです




さて、話を戻しましょう。

貯金を、自分で好きに使えるお金と定義したとき、

大学生の平均貯金額は10~20万円だということです。



実際に友達に聞いてみても、20万円以上貯金している人は少なかったです。

自分の趣味のためにローンを組んで払っているという人や、

バイトで稼いだお金はその月に使いきる という人もいました。



次に、企業が行っているアンケート調査の結果をまとめたものを紹介していきます。

組織のアンケートによる大学生の平均貯金額のまとめ

ここでは、組織のアンケートによる大学生の平均貯金額をまとめました。

アンケート結果と僕の意見を合わせて紹介していきたいと思います。

学生生活実態調査 ---月に13,470円ずつ貯金(下宿生)

学生生活実態調査では、月に13,470円の貯金をしているということでした。

これは、ほとんどの大学で行われている調査ですね。

でも、僕は、これが正しいとは到底思えないんですよね。

ここには、

平均収入合計が129,860円と記載されています。

確かに、親からの仕送り、奨学金が含まれています。

しかし、仕送りの欄には72,810円と書かれています。

そんなに仕送りをくれる親ってどんなけ金持ってるんだ!!ってなりますよね。

僕の周りには親からの仕送りが5万円以上の人すらいませんでした。

おもち
ちなみに僕は毎月25,000円もらっています。これだけでも十分生きていけます。(田舎だからですかね...。)




参考記事:第55回学生生活実態調査 概要報告


ドーモプラス ---平均貯金額22万6,371円

このアンケートはランサーズプラットフォーム上にて行われたものだそうです。

この結果は当てはまっている部分が多い気がします。

ただ、びっくりしたのが、貯金額250万円の人もいたことです。

なにか副業している人なのか、親がお金持ちなのか気になるところではありますが、

きちんと節約して貯金している人なら20万円ぐらい貯金していても変ではないです。



参考記事:最高250万円!?大学生の平均貯金額っていくらなの?【ドーモプラス】

co-media ---平均貯金額39万円

ここでは、「とある組織のアンケートによると」という風に書いてあります。

どんなアンケートかは分かりませんが...。

大学院生では、69.8万円の貯金があると書いてあり、

僕が少しドキッとしてしまいました笑


おもち
僕の今の貯金額は10万円ぐらいです...。



参考記事:[大学生]貯金がすぐ貯まるようになる!4つのポイント【co-media】

タウンワークマガジン ---平均貯金額53万円

このアンケートでは、約20%の人が100万円以上の貯金があると回答しています。

こんなに貯金できるものなんですかね...。と思いながら見ていました。

おもち
僕が最高で貯めた額は40万円くらいですね...。




参考記事:いくら貯めてる? 大学生のリアル貯金事情【タウンワークマガジン】

Yahoo!ニュース ---平均貯金額27万7,865円

この結果はとても妥当であると言えますね。

さすがはYahoo!と言わんばかりの納得できる数字ばかりでした。

他にも、財布の中身はどれくらい入っている?

平均家賃はいくら?

など、納得できる数字が多かったです。



参考記事:貯金額は?バイト代は?イマドキ大学生のリアルお金事情2020!【Yahoo!ニュース】

大学生の平均貯金額の【僕なりの見解】

ここまで、僕が感じる平均貯金額と、アンケートによる平均貯金額について説明してきました。

アンケートもどうなんだろうと思う部分はありましたが、

大事なのは、冒頭でも説明した【貯金の定義】なのではないかと思います。

銀行に入っているお金(奨学金などを含めたお金)なら100万円以上の人が多くてもおかしくはないです。

ただ、自分が自由に使える貯金というのは10~20万円程度なのではないかと思っています。




大学生はいくら貯金しておけば良いの?

大学生が必要な貯金額はいくらか

僕が思うに、

大学生が必要な貯金額は10万円です。



ぴったり10万円必要というわけではないです。

だいたいそれくらいあれば何かあったときなどに対処できるからです。




大学生が

「マジでお金ないからヤバい...。」

っていう人いますよね。

この「お金がない」のボーダーも10万円前後なのではないかと思っています。



詳しいお金の使い道や、なぜ10万円なのかについては、

次の【大学生が貯金したお金の使い道は?】の部分で説明します。

大学生の貯金したお金の使い道は?

大学生が貯金したお金の使い道は何か

大学生が貯金をするのには理由があります。

もちろん、使うものがないから貯めているという人もいると思いますが、

目的を持って貯めている人が多いですよね。

ここでは、大学生が貯金したお金を何に使うのか紹介していきます。



旅行

大学生といえば、長期休暇があるということです。

この長期休暇の間に貯金を使って旅行に行く人が多いです。

国内はもちろん、海外に何度も行く人もいることでしょう。

他にもスノボー、温泉、グルメのためにいろいろな場所に旅行をします。

特に卒業旅行などはお金を気にせずに過ごしたいですよね。

そのために貯めておくという人も多いです。

おもち
旅行は自分が知らないことを知れる大きなチャンスです。

大学のうちに何度も行くと良いと思います。

 

趣味や娯楽

自分の興味のあることに貯金を使うということです。

バイトでコツコツためたお金を使って、何十万もするギターを買う人もいます。

僕の場合、大学に入ってからバイトで貯めたお金でデスクトップPCを買い、

だいたい20万円程度かかりました。

さらに、コーヒーという趣味を見つけ、

店でコーヒー豆を買い、毎日コーヒーを淹れて飲んでいます。

 

注意ポイント

僕はパソコンを買うとき、全財産を使って買い、生活費が足りないという事態に陥りました。

こうならないように、少し(5万円くらい)は貯金を残せるくらい貯めてから買ったほうが良いです。







もしものときのため

大学生は何が起こるかわかりません。

急に入院しなければならなくなったり、事故に巻き込まれるかもしれません。

その時のために貯金をしている人が多いようです。

おもち
えらいですね。僕は事故するとか考えたこともないです...。

就職活動のときのため

大学生は、大学3年もしくは、大学院1年の終わりくらいで就職活動をします。

お金がかかるのは、地方の大学に行っている人です。

説明会などは東京、大阪でしか開催されていないので、行くしかないです。

僕の友人は合計10回以上東京と大阪に行っていたみたいです。

交通費だけでもすごい額になりますよね。

これを見越して大学生は貯金をしています。

ポイント

就活は思ったよりもお金を使うことが多いので、就活前には貯金をしておくと良いです。

内定の心配よりお金の心配が先にこないようにしましょう。

自己投資【これが一番のおススメです】

大学生のうちに貯金したお金を社会人の自分に引き継いでも価値は下がります。

大学生の1万円と社会人の1万円では価値が違うということです。


社会人になった人は、

「お金はあるけど、暇がない」

とよく言います。

仕事が忙しくて休日はゆっくり過ごしたいという人が多いようです。

このように、社会人になったときのためにお金を貯めていても、使う機会が無いことが多いようです。

それならば、大学生のうちに貯金を使って自分を磨いた方が良いと思います。

例えば、本を読む、セミナーに参加するなど何でもいいと思います。

ある程度の貯金が貯まったら、「自己投資」を考えてみてはどうでしょう。

机に本が置かれている
大学生が読書をしなければいけない理由【おススメの本3冊あり】

この記事では、読者大学生になると読書しろって言うのはなんで?読書したら何が変わるの? という悩みを解決していきます。大学生になると読書をしろ!と言われることって多いですよね。ここでは、読書をするメリッ ...

続きを見る

まとめ

大学生の貯金額のまとめ



この記事で紹介したことをまとめると、

ポイント

  • 大学生の平均貯金額は10~20万円

  • 大学生はとりあえず10万円ぐらい貯金していたら良い

  • 貯金したときのお金の使い道

です。



貯金してるから偉いというわけでも無いですし、

お金がカツカツでも人生楽しそうに暮らしている人は多いです。




目標があって貯金している人は引き続き頑張って下さい。

大学生活を謳歌したい人はお金をいっぱい使って遊ぶと良いと思います。

人によってお金の使い方はバラバラでいいと思います。



ただし、お金は大事なので、よく考えて使うようにしましょう!

最後まで読んでくださってありがとうございました~! 🙂

-お金, 大学
-

Copyright© おもちのぶろぐ , 2021 All Rights Reserved.