大学 生活

大学生でギャンブルや賭け事をやめたい人へ送る5つのこと

2020年3月24日

この記事では、

読者
ギャンブルにハマって抜け出せない...。

友達と賭け事をよくするけど、やめられない...。

といった人の悩みを解決していきます。

大丈夫です。絶対やめられます!


僕の大学の友達もギャンブル依存症のようなものだったのですが、

色々と話しているうちにやめるようになっていきました。

ここでは、その時に話した内容を紹介していきます。

大学生がギャンブルや賭けをやめるために考えるべきこと

大学生がギャンブルや賭けをやめるために考えるべきこと

ここでは、大学生がギャンブルや賭けをやめるために考えるべきことについて紹介します。

ギャンブルや賭けにあまりメリットがないことを知ることが大切です。

友達間同士の賭け事はお金は生み出せない

友達間同士で賭け事をするのって意外と多いのではないですか?

ここで覚えておいてほしいのは、タイトルにある通り

友達間での賭け事ではお金を生み出せない

ということです。

読者
どういうこと?勝ったらお金増えるじゃん?

と思っていませんか?

これは生み出せないという部分がキモになります

例えば、賭けボーリングをしたとします。

1ピンの差ごとに100円発生する賭けだったとする。

そして、自分は20ピン差で勝って友達から2,000円もらった。

でもこれって、友達の2,000円が自分のものになっただけで

友達は2,000円損していますよね。

これってすごく効率が悪くないですか?

最終的にプラマイ0ですよね。

ここで議論になりそうなのは、

読者
賭けをすることでスリルを味わっているのであってお金はどうでもいい。

ってことですね。

大学生の間は時間もお金を余裕があるといいますが、

その時間とお金を生かして自己投資をした方がよいです。

賭けをするくらいなら本を1冊買いましょう。

読者
本一冊買ったところで...。

 

という人は、たいていの人はまず買ったことすらないですよね。

やってみてから意味なかったというのならいいのですが、

やらずに意味がないという人が多いように思えます。

ポイント

賭けをするくらいなら自己投資をしましょう。




パチンコやスロットは損をする

そもそもパチンコやスロットの店って増えてますよね。

なんでか分かりますか?

それだけ売り上げがあるからです。

下の画像を見たことがありますか?

パチンコやスロットは損をする

「Twitterでゲームのガチャあたり報告をしているのを見て、自分も欲しいと思って自分もガチャをした」

という経験をした人が多いんじゃないでしょうか?

これは外れだった場合、報告しないからアタリが多く見えてしまうというものですね。


これはパチンコやスロットでも同じことが言えるんじゃないですか?

ネットの情報を過信しすぎないようにしましょう。

ポイント

報告している人は当たった人だけ。

ネットの情報を過信しない。

大学生がギャンブルや賭けをやめるための方法

大学生がギャンブルや賭けをやめるための方法

ここでは大学生がギャンブルや賭けをやめるための方法について紹介していきます。

正直言って、自分の気持ちが一番大きいと思いますが、行動を見直すことで変えられることもあります。

賭けをする友達と距離を置く

いくら友達だからといって、賭けをずっとやるような人は将来不安じゃないですか?

学生で楽しい時期はいいと思いますが、大人になったときに、

その人は本当に友達と言えるんでしょうか...?

違う趣味を見つける

パチンコやスロットしてる人って、すごく暇なイメージがあるんですけど僕だけでしょうか?

朝の9時から夜まで打っていたというのをよく聞きます。

それだけの時間とお金があるなら、違う趣味を見つけることによって物理的に行かなくなると思います。

現金を持たない

持たないといっても、大量にという意味です。

この頃はキャッシュレスの時代がきていますよね。

だいたいの買い物がケータイで払えます。

現金を持つから、暇ができたときにパチンコに行こうとなってしまうんじゃないでしょうか?

まとめ

大学生がギャンブルや賭けをやったとしても、

お金と時間の無駄にしかなりません。

自分のためにお金、時間を「賭けた」方がいいと思います!

最後まで読んでくださってありがとうございました! 🙂

-大学, 生活
-

Copyright© おもちのぶろぐ , 2021 All Rights Reserved.