楽しい大学生活の5選

大学

【2020年】楽しい大学生活を過ごすための5つのポイント【新入生】

2020年3月4日

おもち
こんにちは!大学で4年間過ごしてきた おもち です!


この記事では、

読者
  • 大学生活での友達の作り方

  • どんなサークルに入れば良いか

  • おススメのアルバイトは?

  • 恋人はできるのか?

について紹介していきたいと思います。

大学では自由な時間が増え、

「大学生は人生の夏休み」

と呼ばれたりしています。

そんな大学生活を楽しく過ごすためには、何をすればいいか

大学で4年間過ごしてきた僕が

5つのポイントに分けて紹介していきます。

友達はどうやってつくるの?

大学生活で楽しく友達を作る方法

大学生活で欠かせないものと言えば、やっぱり友人関係です。

そんな中で、大学に入学してから、

"友達ができなかったらどうしよう"

と思う人たちが多いんじゃないでしょうか。


その人たちのために、大学生活で利用できるテクニックや、豆知識などを踏まえながら説明していきたいと思います。

 

新入生交流会に参加しよう


僕は、地方の国公立大学に行っていますが、

新入生交流会は毎年3月の末から4月の上旬にかけて2回ほど開催されていました

僕が行ったときは200人くらいの人が参加していたと思います。

参加の紙などは、入学の手続きなどが入っている封筒に入っていたような気がします。



ここでは、学科やコースによって分かれ、

10人程度で1グループを作り、自己紹介やゲームをして盛り上がりました。

さらに1グループにつき1~2人の同学科の先輩がついてくれます。



はじめは、みんな緊張して、喋れずに無言の時間が続いたりすることもありますが、

徐々に慣れ、隣の人の出身地や趣味などを聞いたりしていました。



大学で、初対面の人との会話に困ったとき、まずは出身地、趣味を聞くと良いと思います。

相手の意外な趣味などで話が盛り上がることがあったりと発見が多くて楽しいです。

そして先輩とも仲良くなれるのも良いことです。僕はここで仲良くなった先輩から過去問をもらったりしていました。


過去問は大学生にとっての勇者の剣です。過去問をいっぱい持っている先輩とは仲良くしてた方がいいです。笑

ポイント

最初はみんな緊張しています。

積極的に話しかけると良いです。

サークルに入ろう

やっぱり大学生活といえばサークルですよね。

大学でも部活はあります。

部活では、高校のときと同じように練習時間が決められていたり、大会などもあります。



ただ、せっかく大学に入ったんだから、自由な時間が欲しいし、サークルに入るという意見のほうがよく聞く気がします。

サークルでは、活動に行く行かないはその人の自由だし、先輩に「休みます」と言う必要もないです。

活動時間内なら、何時に行って何時に帰っても問題ないです。



まず、サークルに入っておくべき理由の一番として、男女のつながりが深いことです。

大学では、男友達も女友達もいたほうがやっぱり楽しいです。

発展して、付き合ったり...とかもよく聞きます。



次に、様々な学部の人が集まることで、交流が広がることです。

自分じゃできないようなことも、専門分野が違えばサクッとやってくれたりと、人脈は大切だと気付かされたことが多かったです。

ポイント

サークルに入ることで大学生活の楽しさが何倍も膨れ上がります。

とりあえず、見学や新入生歓迎会などは行きましょう。

授業の合間の時間に話しかけよう

正直、これは超高等テクニックだと思います。
これは、陽キャでコミュ力のある人しかできません。

大学では教科書を買ったりするのも自由なのですが(必要なものだけを買うことをおススメします)、隣の席の子に
「教科書買った?」
などと聞き、そこから仲良くなるのはアリだと思います。

ポイント

最初は、がむしゃらに話しかけると良いです。





どんなサークルに入ればいいの?

大学生活ではどんなサークルにはいるべきか

大学にはサークルがたくさんあります。


そもそもサークルとは何?という人のために説明すると、

サークルとは、趣味が同じひとが集まるところ

といった認識で良いと思います。
例えば、テニスサークル、旅行のサークル、麻雀サークル、音楽系のサークルなど本当になんでも自由です。





さらに、サークルは、5人の生徒と顧問となる教授がいれば誰でも作ることも可能です。

教授!?って思うかもしれませんが、

活動には干渉せず、ただ名前を借りているだけです。




サークルでは、価値観の同じ人が集まることが多く、友達を作るにはもってこいの場所です。

例えば、普通の人なら、パソコンのために20万、30万円を投資するのは意味が分からない。と言うはずです。

しかし、パソコンサークルではそれが許されるし、50万円投資している自分の上位さえ存在するものです。



サークルというものは、自分の好きな数だけ入ることができます。

入りすぎると活動時間が重なり、行けなくなることも多くなるため、最初は2つか3つぐらいを考えた方がいいです。



自分の好きな趣味のサークルに入り、活動していくことも大事なのですが、

未経験のことを大学から始めることができるのができるのがサークルです。



大学から部活動を始めようとしても、経験者のなかではどうしても肩身が狭いです。

しかし、サークルなら初心者でも大歓迎してくれるし、基礎を教えてくれます。

僕は、テニスサークルに所属しているのですが、新入生の半分くらいは初心者の人でした。

なんのアルバイトをすればいいの?

大学生活でおススメのバイト

大学生に入るとほとんどの人がアルバイトを始めると思います。



アルバイトには、居酒屋、アパレルの店員、ピザの配達...と数えても数えきれないくらいあります。

プログラミングのスキルを使い、企業のアルバイトとして働くような特殊なケースも存在します。



では、どんなアルバイトが良いのかをランキング形式で解説していきたいと思います。

ここで紹介するのは、僕の独断と偏見によるものなので、あくまで参考程度に読んでください。

塾講師



やっぱり1位は塾講師ですね。

僕は大学4年間のうち、3年半ぐらいは塾講師として働きました。


なんといっても自給が高く、頭を使った仕事なので肉体的な疲れがなく、バイトが終わって家に帰ってからでも元気が残っているということです。

さらに、飲食店とは違い、どれだけ遅くても10時頃には帰ることができます。

バイト終わりに、友達と遊びに行くことも可能です。

このバイトをして得られるスキルと言えば、人に物事を説明する能力が鍛えられることです。

友達と会話していても、言いたいことが伝わらないといったことがありますよね。

一概に塾講師をしているからとは言えないですが、僕はこのように伝わらないといったことは昔に比べて少なくなったと思います。



逆に、塾講師のデメリットとしては、まかない(食事)がないことです。

飲食店で働いていると、まかないと呼ばれる夜ごはんが支給されます。

だいたいは店長が作ってたり、自分で作ったりするそうです。



塾内にはキッチンなんてもちろんないので、自分で帰ってから作るか、スーパーなどで弁当を買うかになります。
僕はよく天下一品のラーメンを食べに行っていました。



場所にもよると思いますが、どれだけ田舎であっても、時給は1000円は必ず超えます。

月に3万円~6万円ぐらいの収入になると思います。

収入のブレは、その校舎の生徒の数や講師の数によって変動していきます。


 

カフェの店員



第2位はカフェの店員です!

これもなかなかよく聞きますよね。



カフェで働く子は、女の子が多いです。

オシャレな場所で働くのが好きな子が行くみたいです。

具体的な店で言ったらスタバやサンマルクとかですね。


仕事の内容も簡単で覚えやすいということをよく聞きます。


そして、閉店時間も早いので、夜に自分のやりたいことをできるといったメリットがあります。


僕は、実際に働いたことがないので分からないのですが、デメリットは、

時給が低いことや、労働時間が少ないのであまり稼げないということだと思います。


 

居酒屋



第3位は居酒屋です!

居酒屋では、とにかくお金を稼ぎたいといった人におススメです。

さらに、まかないが付いてくるので、夕食を用意するのが面倒だという方に良いと思います。


ただ、デメリットとして、夜遅く(12時を超える)まで働いたり、

肉体労働なのですごく疲れるといったことが挙げられます。


僕の友達は、月に10万円以上稼いでいるが、夜遅くまで働いているため、1限によく遅刻していました。

ガンガン稼いでガンガン遊ぶ人には良いバイトですね。


大学生の1時間は将来の1万円分の価値があるといわれているほど大切なものです。

バイト命!の生活にならないように気を付けて下さい!


 

勉強はしなくちゃいけないの?

大学生活で勉強はしなくてはいけないのか

"大学生は勉強をしなくても良い"

といったことをよく聞きますよね?

結論から言います。


勉強しないとダメです。


では、なぜ勉強しなくても良いと言われるのかと言うと、


勉強時間自体は圧倒的に減るからです。



正直、テスト前だけ勉強していれば単位もとれるし、進学するにあたって苦労することもないです。

大学には過去問というチートアイテムも存在します。

教授の中には、10年間同じ問題を使い続けていた人もいました。

過去問を持っていたら誰でも解けます。



しかし、僕はせっかく大学に行ったのだから、勉強した方がいいと思います。



別に学校の授業でなくてもいいです。自分の興味を持ったことで良いです。

自分のやりたいことがない人は、図書館に行って本を読んでみてはどうでしょうか?

大学には、だいたい図書館があります。ジャンルも様々ですし、最新の本も置いてあります。

知識が豊富になれば、視野が広がったり、自分のやりたいことも見つかると思います。

最初は一日5ページ、10ページで良いです。

"継続は力なり"という言葉があるように継続していれば人生が変わってくるはずです。





もう一つやっておいた方が良いと思うものはプログラミングの勉強です。


学生でプログラミングを勉強しておくと、就活やインターンなどで役に立ちます。

でも、そんな技術を必要とされているのは、

IT系の企業に進む人だけなのでは?

と思いますが、実は全然違います。



例えば、どこの企業であっても、予算の管理などをしたり、

機械を動かしたりしてますよね。

機械を動かすのにもプログラミングは使用されています。


逆に、情報系学生の就職先を見てみると、

意外なことに薬品会社に行ったりと幅広い分野でプログラミングが使用されていることが分かります。


 

本当に恋人はできるの?

できます!!!


と断言することはできませんが、高校よりもできやすくなると思います。


大学生活では、一人暮らしをする人が多いため、夜ご飯を友達と食べに行くということが多くなります。

そこで異性とご飯を食べに行くといったことが頻繁に起こります。

そう、頻繁に起こります。



それ以外にも、出会いの場が多くなるといったこともあります。

バイト、サークル、飲み会、、、出会う場所が本当に多いです。

僕が知っている恋人たちの7割ぐらいが、バイトとサークルで知り合っているんじゃないかと感じます。



バイト中や、サークル活動中に何かが起きるというより、

終わった後にカラオケに行ったり、ダーツに行ったり、飲みに行ったりします。

そこで仲良くなって...といった感じです。



僕が思うに、恋愛で成功させるためには、男子でも女子でもそうなのですが、

等身大の自分であることが大切であると思います。

大学生になると、最大で5つ上の先輩と交流があります。大学1年生と大学院2年生ですね。

先輩を見て、大人だなあと思うはずです。

その後に同学年の、


「自分は~ができるし、〇〇より上だ!! 」


と言い張ってマウントを取ろうとする人とかいますよね。

それを見たらどう思うでしょうか?

それはもう幻滅ですよね。

もう評価ダダ下がりですよね。

そう思われないようにすることが僕は大切だと思います。


 

その他にやっておいたら良いこと

大学生活で他にやっておきたいこと

そのほかにもやっておいたらいいことはたくさんあります。

僕の経験で大切だと思った3つを挙げておきます。

運転免許を取る

都会付近の大学に行く方は関係ないかもしれませんが、

田舎の大学では、旅行に行くときなど車で移動することが多いです。

車で3時間の場所などは、友達と交代しながら行ったりしました。



あとは身分証明書として役に立ちます。

顔つきの身分を証明できるものは貴重です。



さらに、就活の際に、運転免許を取得していることが条件になっている会社もあります。

運転免許は取っておいて損はないと思います。

一人暮らし

一人暮らしをできる環境ならやっておいて損はないです。

これまでは親がしてくれていた洗濯、掃除、洗い物など、


こんなにしんどくて、時間のかかるものなのか!!!


と思います。

親のありがたみを知れるのと同時に一人で生きていくという社会人のための勉強になります。



僕の中で、一番の親のありがたみは"朝起こしてくれたこと"です。



大学生は本当に朝が弱いです。

テスト前日は寝過ごさないように、友達の家で過ごしたこともありました。



さらに、友達を家に呼び、夜更かしできるということもあります。

夜中までお酒を飲みながら、友達とたわいもない話をすることは幸せな時間です。

積極的に動くこと

大学というのは、自由であると言ってきましたが、

自由であるがゆえに自分から行動を起こさないと何も始まらないということです。



朝起きて、授業に行き、帰ってYoutubeなどを見て、寝る



という生活になりかねないということです。

大学では、行動しようとした分だけリターンが返ってきます。

大学生活を楽しくしたいと思ったのなら、まず行動することが一番の近道です。

まとめ

大学生活を楽しく過ごすためのまとめ


大学生活を楽しくするためには何をするべきかわかっていただけたでしょうか?


まずは行動!それが大学生活を成功させるための第一歩です。


質問があったり、これはどうなの?といったことがあれば、

お問い合わせから送ってください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました 🙂 🙂


 

-大学
-,

Copyright© おもちのぶろぐ , 2021 All Rights Reserved.